なんとか3人の子を育て上げました

結婚して24年の現在は専業主婦です。主人の給料は実在、24年前と現在であまり変わっておりません。

建築産業は昔の方がお給料が良かったように感じます。決算給料も結構な額で頂いてました。

 

我が家は3人の子どもも自活や専門学校に入り、ずいぶんと手を離れました。

一番下の子どもはまだ、専門学校1年なので学費は大きいです。

上二人はスポーツを小学校から中学まで行っていましたので食費は凄いものでした。

ひと月、米が60キロと3朝晩のおかず。その他、腹へったー。に備えて菓子パン、お菓子など入れると10万の食費もオーバーするくらいでした。

私も週3くらいでパートに出ていました。

この家計の大きな出費を主人の給料でまかなっていましたね。

 

多くもなく少なくもないお給料。建築作業は四季に左右されます。

夏は顔が南国の方たちのように黒くなり冬は厳しい寒さの中、帰ってきたときは手足は冷たいままです。

このような働きに多くもなく少なくもない。とは主人に失礼ですが…。

しかし、食に困ることなく子どもたちを育て上げられたことは本当に良かった。と思います。

貯金もほとんど出来ずじまいですが。

 

私はとにかく、家族との買い物が大好きです。

べつに都心デパートに行かなくても今は多数の商業施設が入った、アウトレットモールやイオンモール、激安店などなど、普段より安く良いものが購入できた喜びはストレス解消?にもなるのです。

 

また、年に2回の嬉しい嬉しいボーナス時には主人と振り分け作業をします。

あらかじめ私の予算案も作っておきます。

これがまた、楽しい。自分の小遣いもしっかり記入。もちろん主人には多めのお小遣いの金額設定。

本当に楽しみですね。何か特別高価な物を購入するわけでもありませんが、貯金もそんなにできませんが、このボーナス月の買い物はさらに楽しいものとなります。

 

主人にこうやってお小遣いを渡しておかないと、すぐにクレジットカードを使ってしまう人なので。

昔から金遣いが荒くて借金もありました。下の子が高校生になったときに過払い請求をして50万ほどかえってきたので助かりましたね。

そんな主人でも作れるクレジットカードがあったので、助かります。

これからも主人と助け合って生きていきますよ。

※参考サイト⇒http://xn--u8jzgc7j4f4l309pdc1alif9x1a0y0fz2n.com/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です