ビギナーコースに入会!

ボールの見方

テニスの基本は、まず「ボールをよく見ること」
ボールがラケットにうまく当たらない、または、当たってもラケットのフレームに当たる、ラケット面の真ん中に当たらない・・・これらは、ボールをよく見れていないのが原因です。相手のインパクトの瞬間から、ボールが自分の手元にくるまで、継続的にボールを目で追うことが大切です。

 

足の使い方

テニスは前後左右に足をよく動かすスポーツです。
自分が打ちやすい位置にボールがくるように、正しいフットワークで移動し、ショットを打つ際には、軸足からもう一方の足への適切な体重移動を行い、踏み込む足はかかとから着地することが大切です。

 

ラケットの動かし方

まずは、ボールをラケットの真ん中(スイートスポット)で正確にインパクトできるようになることが大切。そして次に、インパクトからフォロースルーにかけて、ラケットのサイドエッジから先行して振り抜くことで、スイングの軌道が大きくなり、遠心力が働いてパワーのあるボールを打つことができます。

 

 ストロークラリーの続け方と立ち位置Point

ラリーを続けるには、まず、ネットの高さの倍以上の高さの軌道を心がけましょう。 そして、「フットワーク」も大切です。ボールを打った後は、すぐにベースラインより後ろに下がりましょう。
そして、1球でも多くラリーを続けるには、「予測」も必要です。
日頃から、相手の動作に注意を向け、どのタイミングで、どのようなボールを打ってくるのかを観察し、予測するクセをつけましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です